後追いGiRLPOPディスクガイド 別館

WEBディスクガイド『後追いGiRLPOP』の誘導用に作成した別館です。87年〜97年にリリースされた女性ソロアーティストのアルバムを、当時を知らない筆者が後追いで聴いています。実は別館のほうがジャケット写真の解像度が高かったりする。

2018-10-15から1日間の記事一覧

松本玲子『ミュージック・ミュージアム』

松本玲子『ミュージック・ミュージアム』 80年代からエレクトーン奏者・指導者として活躍していた松本玲子が、95年に発表したソロアルバム。古代ギリシャや明朝中国の古楽譜、各国民謡等からインスピレーションを受けたオリジナル曲を収録している。エレクト…

真璃子『21世紀の子供たちへ』

真璃子『21世紀の子供たちへ』 レコード会社を移籍し、アイドル歌手から新たな路線へ踏み込んだ88年作の3rdアルバム。ほぼ全曲で真璃子本人が作詞を担当し、「正しく童謡的」と言いたくなる奥深い作風を披露。よくある女性歌手の「なんちゃって作詞」とは一…

林まきえ『三日月の深呼吸』

林まきえ『三日月の深呼吸』 2017年には初の著書を出版するなど、ボイストレーナーとしても活動するJazz Vocalist:林まきえが、92年に発表した唯一のソロアルバム。全曲がオリジナルの歌モノで構成された、ジャズ・ジャスコ・ポップスの名盤。 まず特筆すべ…

田中真弓『ラターニャの鏡』

田中真弓『ラターニャの鏡』 パズー・クリリン・ルフィ等、代表作は枚挙にいとまがない声優:田中真弓が93年に発表した唯一のソロ作品。田中が一人八役をこなすオリジナル・ストーリーと、ストーリーの流れをくむ楽曲が交互に流れる構成を取った1枚。 まず何…

草地章江『NOT ALONE』

草地章江『NOT ALONE』 後に声優として知られる草地章江が、89年に歌手として芸能界デビューした際に発表した1stアルバム。所属事務所・レコード会社が共に同じだった中村あゆみの妹分的な存在として、鎌田ジョージがプロデュースを手がけた1枚。 編曲は鎌田…

黒田有紀『bicycle』

黒田有紀『bicycle』 デビュー作にして唯一のオリジナルアルバム。本作の後にシングルを1枚出して引退してしまったのが惜しい……自作中心で10曲程度の2ndが聞きたかった……と思わせる1枚。 ASKA作曲のシングル曲①⑥が名曲なのは言わずもがなだが、それと同等に…

熊谷幸子『ART OF DREAMS』

熊谷幸子『ART OF DREAMS』 松任谷正隆が校長を務める音楽スクール「マイカミュージックラボラトリー」へ通学中に才能を見出され、29歳でデビューした熊谷幸子の1stアルバム。松任谷がアレンジ・プロデュースを手がける他、作詞もマイカ在学生によるチーム「…

小林清美『One Moment』

小林清美『One Moment』 現在は山梨で音楽教室K&Mミュージックを設立し、アイドルのプロデュースや自らセンターを務めるグループの結成など精力的に活動する小林清美が、97年に発表した2ndアルバム。本作の2ヶ月後に発表した次作『After Moment』とは実質的…

井上貴代美『すっぴんの私』

井上貴代美『すっぴんの私』 1992年にリリースされた、井上貴代美にとって唯一のアルバム。全曲の作詞を本人が担当し、その独特なセンスが遺憾なく発揮された1枚。斜に構えたひねくれポップ感と、不意に出るナチュラル感覚が見事に交錯・融合している。 メイ…

樹原涼子『ギリシャ神話のように』

樹原涼子『ギリシャ神話のように』 91年から出版されたシリーズ累計180万部の教則本『ピアノランド』の著者としてピアノ教育界で活動するだけでなく、桝田省治作品のゲーム音楽を手がけるなど幅広い活動を行う樹原涼子が、93年に発表した歌ものソロアルバム…

川島郁子『MY TURN?』

川島郁子『MY TURN?』 伊藤隆博と組んだユニット:Aquaでも知られ、現在はラジオDJ・ヴォーカル講師として活動する川島郁子が92年に発表したデビュー作。ジャズの要素を持ったポップス……と簡単には片付け辛い、捉え所のないオーパーツ感がある1枚。 川島は全…

川崎真理子『GIRL'S TALK』

川崎真理子『GIRL'S TALK』 バンド「UNISEX」のボーカルとしてデビュー後、ソロ活動に転じた川崎真理子(現:マリコスミス)が93年に発表した1stアルバム。全曲を自ら作詞作曲し、 独特な歌声が活きるガールズな楽曲で固められた1枚。 槇原敬之が「木下鉄丸…

金子美香『Flowerbeat』

金子美香『Flowerbeat』 シライシ紗トリと組んだ「PARADISE LOST」や、レディースバンド「Betty Blue」でも活動していた女性シンガー:金子美香の4thアルバム。前作『KICK』から引き続き高橋研がプロデュースを担当。金子の歌い方を含め様式美とも言える青春…

大塚純子『HURTS』

大塚純子『HURTS』 かの「大"橋"純子」と一文字違いなので勘違いしそうだが、こちらは後に伊秩弘将と組んだThe Gardensの活動でも知られる「大"塚"純子」が90年に発表した1stアルバム。 本作の良さは曲のクオリティの高さに尽きる……と言いたくなるほどに、伊…

市井由理『JOYHOLIC』

市井由理『JOYHOLIC』 東京パフォーマンスドールを脱退後、EAST END×YURIとして「DA.YO.NE」をヒットさせた市井由理が、96年に発表した2ndソロ・アルバム。⑤⑥が93年、①④⑧⑫が94年、その他が96年と、足掛け3年かけて録音された1枚。 ASA-CHANG・ヒックスヴィル…

今津真美『Silhouette ‘90』

今津真美『Silhouette ‘90』 ジュニア時代からヤマハ主催コンサートで特別優秀賞を獲得していた、実力派ピアニスト・エレクトーン奏者:今津真美が90年に発表した2ndアルバム。前年の1stアルバム『Mascara』で提示した「歌ものニューエイジ・フュージョン」…

橋本一子『ロマンティックな雨』

橋本一子『ロマンティックな雨』 80年代からYMOのサポートや谷山浩子等のアレンジ、 ジャズシーンでの活躍、サントラ仕事から小説の執筆・アニメ声優まで……活動の枚挙に暇がないノンジャンル音楽家:橋本一子が92年に発表した9thソロアルバム。ポリドールか…

福島祐子『時の記憶』

福島祐子『時の記憶』 多数の劇伴を手がけ、CHICABOOMへの参加などキューバ音楽にも関わりの深い作編曲家、福島祐子が1991年に発表した全曲歌モノの1stアルバム。New Age的なミステリアスの空気感を維持しつつも、雰囲気だけで終わらせない彼女の実力・セン…

平子理沙『PRIMITIVE LOVE』

平子理沙『PRIMITIVE LOVE』 モデル:平子理沙が97年に発表した2ndアルバム。テイトウワ・森俊彦との「SP1200 Productions」で知られる小日向歩がプロデュース・全作編曲を担当したN.Y.制作の1枚。 現地ミュージシャンを起用したロック色の強いアレンジなが…

八反田理子『たわ言〜所詮、ヘのカッパ。』

八反田理子『たわ言〜所詮、ヘのカッパ。』 人気振付師でボサノババンドCorcovadoのボーカル・フルート担当、ばちかぶりの元メンバーで宮藤官九郎の妻……こと八反田理子(現:八反田リコ)が92年に発表した唯一のソロアルバム。全曲を八反田が自ら作詞作曲し…

原みゆき『ひなたぼっこしよう』

原みゆき『ひなたぼっこしよう』 シンガーソングライター、原みゆきが91年に発表した4thアルバム。編曲を中原信雄・鈴木智文のポータブル・ロック陣と中西俊博が担当し、アコースティックの暖かさでサウンドを固めたキャリア最終作。 原の「歌い上げる」つも…

濱田マリ『フツーの人』

濱田マリ『フツーの人』 モダンチョキチョキズの活動後期にリリースされたソロ1stアルバム。モダチョキのユーモア精神を継続しつつも、1人の女性歌手として自立した濱田マリを堪能できる1枚。 作曲陣には奥田民生、かの香織、遠藤京子、庄野賢一、森岡賢、水…

西岡千恵子『とっても画王な物語』

西岡千恵子『とっても画王な物語』 Panasonicのテレビ「画王」のCMソング3曲およびremix・カラオケをまとめた企画盤。光GENJIや高橋由美子への楽曲提供でも知られるソングライター、西岡千恵子が歌唱・作曲・編曲を担当(作詞は垂水佐敏)。CMソングならでは…

松倉佐織『Funny Walker』

松倉佐織『Funny Walker』 現在は「松倉サオリ」と改名し北海道で活動を続けるシンガーソングライターが、95年に発表した 1stアルバム。 歌詞が素晴らしい大名曲②を筆頭に、ヤマハミュージッククエストで金賞を受賞しデビューのきっかけとなった⑧、捻れつつ…

熊谷幸子『Good Morning, Funny Girl』

熊谷幸子『Good Morning, Funny Girl』 前年にテレビドラマ『夏子の酒』の主題歌「風と雲と私」がヒットしたこともあり、自己最多となる3枚のシングル曲を収録した95年発表の4thアルバム。作詞はデビュー時から変わらずマイカプロジェクトだが、編曲にはSeaw…

長山洋子『F-1』

長山洋子『F-1』 現在は演歌歌手として活躍する長山洋子がアイドル歌手時代の88年に発表した5thアルバム。それまで洋楽の日本語カバーを歌うことの多かった彼女が、種ともこ・中原めいこ・鈴木雅之・松尾清憲・安部恭弘という5名の日本人作家によるオリジナ…

和田加奈子『DESSERTに星くずのゼリーを』

和田加奈子『DESSERTに星くずのゼリーを』 「きまぐれオレンジ☆ロード」関連楽曲でも知られるシンガー、和田加奈子の90年作6thアルバム(フルアルバムとしては最終作)。OLや同世代女性を意識した前作『Dear』を汲みつつも、よりパーソナルに開けた1枚。和田…

神崎ゆう子『Cresc.』

神崎ゆう子『Cresc.』 1987年から93年までNHK『おかあさんといっしょ』で"うたのおねえさん"を務めた神崎ゆう子が、番組卒業後の95年に発表した2ndアルバム。万人の心に染み入る伸びやかな歌声を武器に、童謡とポップスの境界線を越えていく1枚。 既存曲カバ…

上原さくら『Cherish』

上原さくら『Cherish』 94年のホリプロスカウトキャラバン(副題「放課後の決選〜カラオケ・バトルロイヤル」)でグランプリを獲得しデビューした上原さくらが、96年に発表した1stアルバム。プロデュースを尾上文(ボーイ・ミーツ・ガール)と辻畑鉄也(ピカ…

宮沢りえ『Chepop』

宮沢りえ『Chepop』 プロデュースと編曲を(Rufus with Chaka Khanやチキンシャックのベーシストとしても知られる)Bobby Watsonが担当した2ndアルバム。タイトルは「チポップ」と読む。 David Bowie「Fame」の替え歌カバーである②を筆頭に、緻密なサウンド…