後追いGiRLPOPディスクガイド 別館

WEBディスクガイド『後追いGiRLPOP』の誘導用に作成した別館です。87年〜97年にリリースされた女性ソロアーティストのアルバムを、当時を知らない筆者が後追いで聴いています。実は別館のほうがジャケット写真の解像度が高かったりする。

後追いGiRLPOPディスクガイド

佐藤聖子『SATELLITE☆S』

佐藤聖子『SATELLITE☆S』 GiRLPOPムーブメントを象徴する存在であり、今もなお少なくない人々の心の柔らかい場所をしめつけ続けるシンガー:佐藤聖子の最高傑作である4thフルアルバム。 彼女の声に宿る不思議な魅力を説明するのは難しい。スポーツ的な歌唱力…

吉田真里子『匿名希望』

吉田真里子『匿名希望』 88年にアイドルとしてデビューし活動していた吉田真里子が一転、インディーズで自らレーベルを設立し発表した94年発表の6thアルバム。全曲を自ら作詞作曲し、アートワークも含めそれまでのイメージを大きく覆した怪作。 ソングライタ…

我妻佳代『OH! CHAPPY』

我妻佳代『OH! CHAPPY』 おニャン子クラブ解散後、ソロデビューした我妻佳代が88年に発表した1stアルバム。 10曲中7曲の編曲を鷺巣詩郎が担当した、メリハリあるアイドル・ポップスの1枚。 マッドなテクノ歌謡②から異国情緒に溢れた⑥まで、シンセブラスを核…

相田翔子『JOIA』

相田翔子『JOIA』 Wink活動停止後に発表された、96年作のソロ1stフルアルバム。全曲を自身で作曲し、元アイドルとは思えないアーティスティックな音楽性をみせた名作。 なんとあの「マシュ・ケ・ナダ」で著名なSergio Mendesが4曲で編曲を担当。そのことから…

高橋洋子『9月の卒業』

高橋洋子『9月の卒業』 今ではすっかり「エヴァンゲリオンの人」になってしまった高橋洋子だが、そんな彼女の初期を代表する93年リリースの2ndアルバム。全曲を彼女自身が作曲(作詞は田久保真見との共作)した、後にも先にも唯一の作品である。 ハイトーン…

加藤いづみ『テグジュペリ』

加藤いづみ『テグジュペリ』 GiRLPOPの代表的存在であり、近年はももクロをはじめ多数のコーラスサポートを務める加藤いづみが91年に発表したデビュー・アルバム。それまで青春ロック系の女性歌手をプロデュースすることが多かった高橋研が一転、封印を解く…

川村かおり『ZOO』

川村かおり『ZOO』 ロシア・日本のハーフでモスクワ出身、当時17歳だった川村かおりが88年に発表したデビュー作。思わず「和製スザンヌ・ヴェガ」と形容したくなるような、内省的な世界観を巧みに表現した好盤。 作曲・編曲は(当時はまだ「ECHOESの」だった…

植山遊子『Woman In Love』

植山遊子『Woman In Love』 LAで活動していたSSW:植山遊子が、現地のミュージシャンを起用し制作したキャリア唯一のアルバム。エモーションズがコーラスで参加するなどバックの演奏は洗練されているのだが、その上に乗る植山の日本語ボーカルが粘っこく、発…

YUKIE『LOVE AFTER LOVE』

YUKIE『LOVE AFTER LOVE』 R&B系SSW:YUKIEが坂本龍一主宰のGÜTレーベルから97年に発表した1stアルバム。ajapai名義やテイトウワ・小日向歩と組んだ「SP1200 Productions」でも知られる森俊彦が全面プロデュースを担当した、N.Y.制作の1枚。 本作はまずYUKIE…

YOU『カシミヤ』

YOU『カシミヤ』 バラエティ・タレントとしてのYOUではなく……そして、フェアチャイルドにおけるYOUでもない。ジャジーかつしっとりとした曲調に、彼女の特徴的な声質が合わさった94年発表のソロアルバム。 元・Shi-Shonen・Real Fishの福原まりを中心に、藤…

岩崎良美『月夜にGOOD LUCK』

岩崎良美『月夜にGOOD LUCK』 1980年に18歳でデビュー、85年のヒット曲「タッチ」でも知られる岩崎良美が、古巣のキャニオンから移籍して発表した89年作14枚目。ソニー期で唯一のアルバムである。 当時チキンシャックのベーシストだったBobby Watsonと、マイ…

山岡京子『夢のパズル』

山岡京子『夢のパズル』 現在は「山岡恭子」として他ミュージシャンのコーラス・キーボード等サポートも手がけるシンガーソングライターが、笹路正徳のプロデュースを受けて1997年に発表した1stアルバム。 作風としては奇をてらうでもなく、無駄にテンション…

詩子『be natural』

詩子『be natural』 現在は彫刻家「木田詩子」として活動している彼女が、90年に発表した1stアルバム。抜群の歌の上手さとクオリティの高い楽曲が堪能できる、90年代AOR風ポップスの名盤。 作曲陣は後にユニット「largo」を組む内藤慎也をはじめ、熊谷幸子・…

宇井かおり『JUST SIGHS』

宇井かおり『JUST SIGHS』 シンガーソングライター、宇井かおりが94年に発表した1stアルバム。朝の澄んだ空気が伝わる雪山のジャケットを、そのまま音像化してパッケージングしたかのような1枚。 いわゆるGiRLPOPにありがちな、無理に盛り上げようとする派手…

鶴田加奈子『Cosmic Cherry』

鶴田加奈子『Cosmic Cherry』 ドラムを叩きながら歌うライブスタイルで、現在は沢田茅乃とのツインボーカル・バンド「#01.A.1948」で活動する鶴田加奈子が96年に発表した唯一のソロアルバム。ロックといっても「ロック風味」のものが多いGiRLPOP界において、…

坪倉唯子『Loving You』

坪倉唯子『Loving You』 85年のレコードデビュー後、様々なミュージシャンのバックコーラスでも活躍していた坪倉唯子が、同年にB.B.クイーンズのボーカリストとして「おどるポンポコリン」を大ヒットさせる直前に発表した2ndアルバム。 シンセベースの連打が…

古内東子『Hourglass』

古内東子『Hourglass』 93年に現役女子大生シンガソングライターとしてデビュー後、徐々にソウル・R&B的な方向へ楽曲をシフトさせてきた古内東子が96年に発表した5thアルバム。次作『恋』と並び、90年代半ばの古内東子黄金時代を代表する1枚。 全10曲中、①〜…

種ともこ『オ・ハ・ヨ』

種ともこ『オ・ハ・ヨ』 デビュー以来続いた武部聡志とのタッグを解消し、プロデュース・編曲を自ら担当した転機の4thアルバム。ジャケットへ掲げた「All Songs Performed by Tomoko Tane」に偽りなく、詩・曲・アレンジの有機的な組み合わせが堪能できる1枚…

Tamao『Talking Marimba』

Tamao『Talking Marimba』 The BOOM・ZELDA・ZABADAK・原マスミ等をサポートし、近年ではBank Bandにも参加していた女性パーカッショニスト:藤井珠緒が「Tamao」名義で95年に発表した歌ものミニアルバム。自身のルーツであるマリンバを主軸に、小さな日常か…

渡辺真知子『TAHIBALI 〜タヒバリ〜』

渡辺真知子『TAHIBALI 〜タヒバリ〜』 1977年にデビューし、ニューミュージック・シーンの中で数々のヒット曲をとばしたシンガーソングライター:渡辺真知子が、活動休止・米国留学を経て2年半ぶりに発表した12thアルバム。ド派手なジャケが物語るように、 …

小桜エツ子『それでいいのだ』

小桜エツ子『それでいいのだ』 近年では『妖怪ウォッチ』でジバニャン役を担当するなど、活躍を続ける小桜エツ子(現:小桜エツコ)が96年に発表した1stアルバム。90年代パイオニアLDCの声優・アニメ関連楽曲といえば枯堂夏子だが、そんな彼女のプロデュース…

おおたか静流『NOSTALGIA』

おおたか静流『NOSTALGIA』 カバーシリーズ『Repeat Performance』等で知られるボイスアーティスト、おおたか静流がテイチクからキングレコードへ移籍し発表した94年作オリジナル・アルバム。 以前から彼女の楽曲へ参画してきた福田裕彦が、本作では満を持し…

宍戸留美『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ』

宍戸留美『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ』 アイドル、宍戸留美が90年に発表した伝説の1stアルバム。性を問わず誰の心にもある「少女像」を過激に増幅させたような作風で、大胆なフェイクのはずなのに実にリアル……という、不思議な…

笹野みちる『イノセンス』

笹野みちる『イノセンス』 元・東京少年の笹野みちるが、96年に発表したソロ4作目。前年にレズビアンであることを公言し、著書『Coming OUT!』やアルバム『GIRL MEETS GIRL』を発表するなど精力的な活動を行った彼女だが、本作では一旦そうした活動に距離を…

さねよしいさ子『うてな』

さねよしいさ子『うてな』 リリースしたアルバムの全てが名盤……といって過言ではないさねよしいさ子だが、そんな彼女の作品の中でも特に楽曲のバラエティ・バランス・クオリティの三拍子が揃った93年発表の4作目。フォーライフ期のラスト作でもある。 ストレ…

SAKURA『SAKURA』

SAKURA『SAKURA』 後に東芝EMIからメジャーデビューするシンガーソングライター:SAKURAが、タワレコDIG UPレーベルより95年に発表した4曲入ミニアルバム。SELFISHの大坪直樹がサウンドプロデュースを担当しており、パンチの効いたR&Bアレンジが気持ち良い。…

斉藤美和子『タイム・ミシン』

斉藤美和子『タイム・ミシン』 タンゴ・ヨーロッパの「ニャンコ」としてデビュー。86年からソロ活動を開始。その後作詞家として「さいとうみわこ」「さいとういんこ」等の名義で活動する彼女が、メジャーデビュー後の89年にインディーズ期の楽曲をコンパイル…

花岡幸代『金のりぼん』

花岡幸代『金のりぼん』 アニメ『クッキングパパ』の後期ED「HANDS」でも知られるシンガーソングライター:花岡幸代が91年に発表した1stアルバム。 デビュー以前にパーソナリティを担当していたラジオ番組で毎週新曲を発表するなど、叩き上げられたソングラ…

五島良子『PIERCED』

五島良子『PIERCED』 1990年のデビューから可愛らしいポップスを志向していたシンガーソングライター:五島良子が一変、ポリスター移籍と共に髪型をアフロに変え、音楽性を急転換させた96年発表の6thアルバム。ポップからオルタナへ転換していく時代を捉えた…

淺井ひろみ『オリジン』

淺井ひろみ『オリジン』 現在は「HIROMI」名義で活動するシンガー:淺井ひろみが88年に発表したデビュー作。海外作家の楽曲提供および洋楽カバーで構成された、作曲クレジットが全て英字の1枚。 強い洋楽指向を感じるが、今作は単なる「洋楽指向のアルバム」…