後追いGiRLPOPディスクガイド 別館

WEBディスクガイド『後追いGiRLPOP』の誘導用に作成した別館です。87年〜97年にリリースされた女性ソロアーティストのアルバムを、当時を知らない筆者が後追いで聴いています。実は別館のほうがジャケット写真の解像度が高かったりする。

清水三恵子『貝の道』

清水三恵子 貝の道 mieko shimizu a road of shells

清水三恵子『貝の道』
  • 清水靖晃実妹であり、「Apache 61」名義の活動でも知られるロンドン在住コンポーザーの2ndアルバム。1stはUKリリースだったが、今作はテイチクからの国内リリースとなっている(録音はロンドン)。
  • アレンジは彼女のキーボードとプログラミングを中心に、要所で現地のミュージシャンを起用。Ed Pooleのフレットレス・ベースが唸る①②を筆頭にバックのクオリティは高く、スリリングな音像からは音の津波が押し寄せるような感覚すら覚える。
  • 作曲面では、まずイントロの気持ちよさがあり、その勢いのままAメロ・サビへ突進していく……という、ワンモードの快楽を追求している点がポイント。④⑥などに顕著だが、1つのパターンの強度にこだわることで生まれる没入感が、彼女の歌声やコーラス・ワークと相まって本作の世界観を決定づけている。

 

1990/8/21 38m テイチク
  1. 星の流れに
  2. 夢の夢
  3. Indian Afternoon
  4. River House
  5. God Bless'The Child
  6. 青の人
  7. 風吹く頃
  8. 渚の二人

 

その他のアルバムはこちらから

後追いGiRLPOP

 

 

貝の道

貝の道